春望

  • 2020.02.17 Monday
  • 18:30

春望

 

国 破 山 河 在 

城 春 草 木 深 

感 時 花 濺 涙 

恨 別 鳥 驚 心 

 

烽 火 連 三 月 

家 書 抵 万 金 

白 頭 掻 更 短 

渾 欲 不 勝 簪 

 

杜甫

 

国破れて山河在り 

城春にして草木深し 

時に感じては花にも涙を濺ぎ 

別れを恨んでは鳥にも心を驚かす 

烽火三月に連なり 

家書万金に抵たる 

白頭掻けば更に短く 

渾べて簪に勝へざらんと欲す 

 

 

嗚呼、あ、あ、あ、・・・無常。

 

 

江雪

  • 2020.02.15 Saturday
  • 09:21

江雪

 

 

千山鳥飛絶

万径人蹤滅

孤舟蓑笠翁

独釣寒江雪

 

柳宗元

 

千山 鳥飛ぶこと絶え

萬徑 人しょう 滅す

孤舟 蓑笠の翁

獨り 寒江の雪に釣る

 

 

この詩を何故かよく覚えている。

 

私が子どもの頃の冬はまだ雪も多く降っていて、手の切れるような冷たい川の水の中に和紙の原料となる楮の皮を剥いた白い材料を浸している大人たちを見ていた。川の一部は凍りつき小雪が降りつづいていた。(祈りプロジェクトより)

 

少年期をすごした山代の光景になんとなくこの詩の「孤舟 蓑笠の翁 獨り 寒江の雪に釣る」が重なったからかもしれない。
高校の古典の教科書にあった詩だと思うけど、教室の徳川みつ子さんが詩吟でうたっていたのには驚いたな。
短い詩なのに詩吟だとずいぶんながく感じるのだがまちがいなくこれだった。
なぜか李白のものとばかりおもっていたが柳宗元と知ってまたびっくり。
想いちがいというのはあるものだがあらためて記憶をリセット。   


  

中原中也の詩

  • 2020.02.13 Thursday
  • 16:43

汚れっちまった悲しみに

 

 

汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

 

汚れっちまった悲しみは
たとえば狐の革裘(かわごろも)
汚れっちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

 

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
倦怠(けだい)のうちに死を夢(ゆめ)む

 

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気(おじけ)づき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる…

 

 

こちらは小説家町田康による朗読です。

中也の詩

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 08:41

帰 郷 


柱も庭も乾いている
今日は好(よ)い天気だ
椽(えん)の下では蜘蛛の巣が
心細そうに揺れている

山では枯木も息を吐(つ)く
ああ今日は好い天気だ
路傍(みちばた)の草影が
あどけない愁(かなし)みをする

これが私の故里(ふるさと)だ
さやかに風も吹いている
心置(こころおき)なく泣かれよと
年増婦(としま)の低い声もする

ああ おまえはなにをして来たのだと…
吹き来る風が私に云(い)う

 

いいね、いいね、中原中也。




 

岩国錦帯橋空港

  • 2020.02.10 Monday
  • 12:02

 

 

錦帯橋空港の入り口に設置された小川幸造の彫刻《未来へ》

 

彫刻そのものはともかくとして環境芸術としてふさわしい場所とはいえそうにないなこれでは。

何を考えてこんなことするのか、何もわからない人がやったみたいでヘンだ。


 

 

 

金子光晴20代の頃の詩

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 13:44

「反対」    金子光晴

 

僕は少年の頃

学校に反対だった。

 

僕は、いままた

働くことに反対だ。

 

俺は第一、健康とか

正義とかがきらひなのだ。

 

健康で正しいほど

人間を無常にするものはない。

 

むろん、やまと魂は反対だ。

義理人情もへどが出る。

 

いつの政府にも反対であり、

文壇画壇にも尻をむけてゐる。

 

なにしに生まれてきたと問はるれば、

躊躇なく答へよう。反対しにと。

 

僕は、東にゐる時は、

西にゆきたいと思ひ、

 

きものは左前、靴は右左、

袴はうしろ前、馬は尻をむいて乗る。

 

人のいやがるものこそ、僕の好物。

とりわけ嫌ひは、気の揃ふといふことだ。

 

俺は信じる。反対こそ人生で

唯一の立派なことだと。

 

反対こそ、生きてゐることだ。

反対こそ、自分をつかむことだ。

 

 

な〜るほど・・・いいね、金子光晴。

 

i新聞記者ドキュメント

  • 2020.02.04 Tuesday
  • 20:29

 

 

久しぶりに横川シネマで前々から気になっていた森達也監督作品「i新聞記者ドキュメント」をみた。

 

 

ご承知のように首相官邸記者会見でスガ官房長に不当な妨害にもめげず執拗に質問を浴びせかける東京新聞の社会部記者望月衣塑子さんの活動を記録したドキュメンタリー映画だ。

安倍晋三現政権の独断的な政権運営には憤りを通りこしてもはや辟易するばかりだが、この記者会見でのスガ官房長の態度ももはやパワハラとしかみえない横暴さがむき出しになっている。

そのことはこの作品を通じてだれの目にもはっきり確認できる。一事が万事その調子だから、望月記者のフィールドはますます広がるばかりでとどまることがない。

沖縄では辺野古新基地建設における不当な土砂投入、宮古島の弾薬庫とジェット燃料の貯蔵庫にかかわる住民を無視した実施配備などなど。また、伊藤詩織さんのセクハラ事件における不当な権力介入で逮捕に及ばなかった問題からモリカケ問題の追及とその取材活動の実際が記録されていく。

だが、望月記者だけが特別なことをしていて特別扱いされているようにみえるのはなぜか、と不思議な気がしてくる。

森達也監督も上映期間中に横シネに来られらしいけれど、監督自身もどうして普通のことをしている望月記者を撮っているのだろうと分からなくなるという台詞もあった。それくらい他の記者たちが権力の横暴なふる舞いに遠慮したり忖度しているように感じとれる。

官邸前の警備員に公道での撮影も邪魔される不当な扱いも記録されているけれど、官邸内での記者会見場に入ることも誰にも許されない実態も暴かれている。

「視聴者は何故かと考えるだろう」それがこの作品の意味するところかもしれないが、帰宅して国会中継をみていると国会審議すら無視したこの横暴さが(募集じゃないですが)つのるばかりである。

丁寧な説明というだけで質疑時間が過ぎるのを考えるだけでやり過ごす実態が浮き彫りにされてもマスコミ報道は野党や記者の突っ込みが弱いというだけだ。

望月記者のどこが弱いか不思議でならない。では、横暴にふるまうアベやスガは強いのか(?)これじゃ何もかもがあべこべになってくる。

 

 

 

審査会の2日目

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 19:10

翌日の22日は朝9時半から入選作品の中から各賞の選出がはじまった。審査員に与えられた票がつぎつぎと投じられ観客も各自で確認しながら整理され配置された作品をみてまわる。

ようやく一段落して集計されると票の投じられた作品が32点となりこの時点で佳作賞以上が確定した。そして、佳作賞以上の作品が一堂に集められいったん白紙にもどされてから再度あらためて票が投じられることになった。

ここで複数以上の票が入った作品を優先しながらこの中から優秀賞以上を決めることになった。今年はこの時点で審査員各自の評価の基準や推薦の根拠が説明され活発な議論があった。たとえば、素材のことやコンセプトと方法論のあり方、技術的なことや問題意識までいろいろな視点で議論されたがなんとなくもどかしさもあった。

 

個人的にはそういう論議をつき抜けたこの作品がぼくはおもしろかったな。

 

 

岩国でもこんなことをよくやるモノ好きなおっちゃんがいるけれど、美術作品としてキッチュを武器に堂々とはれ舞台におどりでた感じで圧倒的だ。

たしかに切り口にへんな写真がはり付けてあるのはいただけなかったが、、、。

 

 

 

この床と壁の組み作品もどこかユーモラスなおもしろさを引きずりながらアイロニーを込めて美術館の制度的な条件に切り込んだ快作だ。

だが、ここで彫刻であるべきかどうかで評価は分かれる。審査員の岩崎さんは彫刻であってほしいから壁面の作品を取り除いてクリヤーなところで勝負してほしいとした。

だが、この作者はおそらく従来の彫刻の概念を超えた展開を望むから、ひな壇としての台座や額縁を否定したいというメッセージをこめたインスタレーションを考えたのではないか。彫刻としておもしろいしユーモラスな広がりもある。

 

 

この3点セットの組み作品も窓のスペースがきいていて個人的にはおもしろいと思った。聞くところによるとこの作者、この場所を好んで設定しているらしい。

 

ところでわが教室の面々、今年こそはとかなりの力作を持ちこんでトライしたのだが結果はノッコン、やや肩すかしを食らった感じ。

その中でも初出品の安永福美さん、昨年の審査会のようすを見物していたしかなりの本気モードになっていただけあって「ひふみちゃん(習作)」「ひふみちゃん」の2作が入選し、習作の方が佳作賞になったのは幸運であった。昨年、優秀賞となった藤本スミさんは「三倉岳」と「岩国の楠」の2点のうち「岩国の楠」が入選。玉井康子の「里の日なか」が昨年につづき入選となった。

というわけで昨年と今年、最近の県美展のようすをうかがうことになったが全体的にやや小ぶりになっているように思えたのはどういうことだろう。ここにも社会や経済的な状況のうつり変わりの影響があるように思える。以前はかなりの物量を投じた作品がありもう少し活気もあったように思うのだが・・・。

いうなればフォーマルな感じの閉鎖的な作品より、限界芸術ともいうべき大衆の思いと感覚でそのまま美術のはれ舞台に持ち出されてきたような作品やいわゆる素朴派、漫画アニメ、キッチュ感覚の作品が、それこそアメリカのネオダダの視点やピカソらが持ちだしたアフリカ文化、最近のアジア美術、あるいはシュールもそういう類のムーヴメントといえるかもしれないがある意味で傾向として取り上げられているようすが見受けられる。


 

 

むらつかの野菜

  • 2020.01.20 Monday
  • 11:32

 

 

 

新鮮な地元野菜がすごいな。

えっ、カゴ二つも買ったのかぁ・・・

カモの川原

  • 2020.01.20 Monday
  • 11:28

 

 

 

今津川のカモたち・・・。

毎年のことながら寒そうにしている。どこからやってくるのだろう。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

原田美術教室の活動


♛ グループ小品展2020
2020年10月21日(水)〜10月25日(日)10:00−18:00
シンフォニア岩国企画展示ホール

この展覧会グループ小品展は、絵を描きはじめて間もない初心者から山口県美展・岩国市美展など他の美術コンクールや個展などで活躍している経験者までを含む原田美術教室の研究生で構成され、絵画のいろは展とともに隔年で開催するものです。 今回のグループ小品展では、日ごろの研究成果を発表すると同時に、人と人、表現と表現のふれあうなかで単に技術の習得のみならず、絵を描くことで何を考え、何を発見することができるかということ。そして、「文化的な営みと豊かさ」あるいは「活力と潤いのある生活」とは何か、という問いについて考えることを目的としています。 また、グループ研究生として互いの親睦を兼ねたコミュニケーションを大切にし、互いの作品を認める楽しさを発見すると同時に表現の多様性について考え、アートの楽しさを伝えることで地域の芸術文化活動の普及と発展に寄与し貢献したいと願うものです。









  
♛ 絵画のいろは展2019
2019年11月27日wed〜12月1日sun10:00〜18:00
シンフォニア岩国企画展示ホール






この展覧会は、絵を描きはじめて間もない人から山口県美展・岩国市美展など他の美術コンクールや個展などで活躍している大人に加えて、これまでTRY展として活動してきた子どもたちを含む初心者から経験者までの作品を一堂に展示する原田美術教室の研究生およそ30人で構成するものです。
アトリエや教室での日ごろの研究成果を発表すると同時に、人と人、表現と表現のふれあうなかで単に技術の習得のみならず、絵を描くことで何を考え、何を発見することができるかということ。また、「文化的な営みと豊かさ」あるいは「活力と潤いのある生活」とは何か、という問いについて考える契機となることを願っています。「絵画のいろは」とはこのように制作上の技術の問題だけでなく、日常生活での活力や潤いのある生活のあり方を考える実践的問いかけに他ならないのです。
特に今回は子どもたちの作品を含めてそのことについて考える風通しのいい会場構成となっています。研究生として親睦を兼ねたコミュニケーションを大切にし、互いの作品を認める楽しさや表現の多様性について考え、アートのおもしろさを伝えることで地域の芸術文化活動のささやかな普及と発展に寄与したいと願うものです。


子どもの作品が大人気







山口県美術展覧会2019

2019年2月14日(木)−3月3日(日)9:00−17:00(入館は16:30まで) 
休館日:2月18日(月)、25日(月)
観覧料/一般:500(400)円 学生:400(300)円( )内は20人以上の団体料金
*18歳以下は無料 *70才以上の方、中東教育学校、高等学校、特別支援学校に在学する方等は無料 *障碍者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料
山口県立美術館

IMG_0840.jpg
優秀賞 藤本スミ

入選 玉井康子

入選 中村みどり



佳作賞 浜桐陽子

原田文明展 ドローイングインスタレーション2018


2018年11月21日wed−25日sun 10:00−18:00
シンフォニア岩国企画展示ホール











ドローイングインスタレーションは、ここ十数年にわたって絵画表現の可能性について考えてきた一連の営為の中で、偶然とも必然ともいえる結果として発見されたものです。
私はこれまで「具体絵画」と称して、物質(素材)が表現目的の手段として扱われるのではなく、物質のあり方それ自体を色彩やフォルムと等しく絵画の重要な構成要素とする一連の作品を制作してきました。
ここでは行為と物質がもたらす一回性の出来事さえも絵画を成立させる重要な要素として捉え、作為的な感性によって空間へと展開されています。いうまでもなく、そのことによって生成される新しい意味と存在の可能性をリアルな知覚的世界として位置づけ、形而上学的な意味を問いかける主知的な営為と考えてきたのです。
さらに、その表現形式のあり方は平面的な二次元の世界から室内空間(場所)を構成する三次元的な世界へとその機能性を拡張し、ドローイングインスタレーションともいうべき様式へと変容させ意識化されてきたとも云えます。
私にとってもはや絵画は多元的な空間へと自在に移ろうイリュージョンの世界へと変容してきたと云うべきかもしれません。それは身体性を意識したメタフィジカルな実践として存在論的に見えかくれする場面への接近であり、換言すれば世界を包み込む現存(リアルな世界)への希求の現われというべきかも知れないのです。
本展はこれまでの多岐にわたる活動をふまえてたどりついた新作ドローイングインスタレーションの様式にさらに色彩的要素を取り入れることによって新境地への挑戦と可能性を探求する原田文明の現況とその一端を示すものです。

里の芸術一揆「里山 ART Project 吉賀」




本プロジェクトは隔年式のアートビエンナーレとして、将来の「地域」「文化」「くらし」を考える文化的なムーブメント(運動)をつくることを目的とするものです。また、地域の農耕文化や伝統に学び、芸術文化の振興発展と普及のみならず、「生活と芸術」「過去と現在」「人と地域」の交流を軸とする文化による地域づくりについて考えるものです。 このことは、吉賀町がこれまで取り組んできた自然との共存共生を願うエコビレッジ構想と合わせて、人間の営みとしての文化と里山の自然について考えることであり、里山に潜在する魅力とその可能性を再確認し文化意識の変革と活性化を推進するものです。 今回は、現代アートの最前線で活躍する8名のアーティストによる最新作を現地で制作し、地域住民とともにワークショップや生活文化など多方面での活発な交流が実現されるものと考えています。 2010年10月開催予定。

岩瀬成子話題の本棚



『もうひとつの曲り角』(岩瀬成子著 酒井駒子表紙絵 講談社)
野間児童文芸賞、小学館文学賞、産経児童出版文化賞大賞、IBBYオナーリスト賞など数々の賞を受賞する岩瀬成子氏の最新長編作品。

柵には半開きになった木の扉がついていて、その扉に「どうぞお入りください」と青色のマジックで書かれた板がぶらさがっていた。 「いやだ。あたしはそんなところへは、ぜったいに入らないから」ときこえた。 えっ。どきんとした。 庭木のむこうからだった。わたしにむかっていったんだろうか。 わたしは耳をすまして、木々にさえぎられて見えない庭のようすをうかがった。 しんとしていた。 だれがいるんだろう。 わたしはぶらさがっている板をもう一度見た。 それから足音を立てないようにして、そっと扉のあいだから庭に入っていった。しかられたら、すぐににげだすつもりだった。ちょっとだけ、のぞいてみたかった。──本文より。 小学五年のわたしと中一の兄は二ヶ月前、母の理想の新しい家、市の東側から西側へ引っ越してきた。この町で通い出した英会話スクールが休講だったので、わたしはふと通ったことのない道へ行ってみたくなる。道のずっと先には道路にまで木の枝が伸びている家があり、白い花がちらほらと咲いて・・・・。

日本絵本賞、講談社出版文化賞、ブラチスラバ世界絵本原画展金牌、オランダ銀の石筆賞など受賞の酒井駒子氏による美しい装画にも注目!

地図を広げて.jpg

『地図を広げて』(岩瀬成子著 理論社)
父親と2人暮らしの鈴のもとに、母親が倒れたという知らせがとどく。母はそのまま亡くなってしまい、母親のもとにいた弟の圭が、鈴たちといっしょに暮らすことになった。 たがいに離れていた時間のこと、それぞれがもつ母親との思い出。さまざまな思いをかかえて揺れ動く子どもたちの感情をこまやかにとらえ、たがいを思いやりながら、手探りでつくる新しい家族の日々をていねいに描いた感動作。


『ともだちのときちゃん』(岩瀬成子作 植田真絵 フレーベル館)
フレーベル館【おはなしのまどシリーズ】として出版された岩瀬成子の新刊『ともだちのときちゃん』は、イメージの広がりとこの年頃の子どもが経験する瑞々しい出会いにあふれています。(略)著者はそういう細部をみつめる子どもの感情をとてもよく描いていて、このお話しの最後のところでたくさんのコスモスの花にかこまれて青い空と雲をみつながら「ぜんぶ、ぜんぶ、きれいだねえ」とふたりの気持ちをつたえています。

517ydey48iL._SX361_BO1,204,203,200_.jpg
『ちょっとおんぶ』(岩瀬成子作 北見葉胡絵 講談社)
6才のこども特有のイノセントな感覚世界。この年ごろの人間だけが経験できる世界認識のあり方が本当にあるのかもしれない。あっていいとも思うし、ぼくはそれを信じていいようにも思います。名作「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ)が普遍的に愛読されるのもこの点で納得できる気がするのです。
この本の帯にあるように、絵本を卒業する必要はないけれど絵本を卒業したお子さんのひとり読みや、読みきかせにぴったり!といえるかもしれません。どうぞ、手にとって読んでみてくださいね。

DSC02741 (480x640).jpg
『マルの背中』(岩瀬成子著 講談社)
父と弟の理央が暮らす家を出て母と二人で生活する亜澄は、駄菓子屋のおじさんから近所で評判の“幸運の猫”を預かることに。野間児童文芸賞、小学館文学賞、産経児童出版文化大賞受賞作家による感動作!

51R+Apq-0JL._SX370_BO1,204,203,200_.jpg
『ぼくが弟にしたこと』(岩瀬成子著 長谷川修平絵 理論社)
成長の予兆を感じさせるように父と再会した麻里生には、次第に人混みにまぎれていく父の姿は特別な人には見えなかった。著者は帯にこう書き記している。どの家庭にも事情というものがあって、その中で子どもは生きるしかありません。それが辛くて誰にも言えない事だとしても、言葉にすることで、なんとかそれを超えるきっかけになるのでは、と思います。

141031_1706~01.jpg 
『きみは知らないほうがいい』(岩瀬成子著・長谷川集平絵、文研出版)
2015年度産経児童出版文化大賞受賞。
クニさんの失踪、クラスメートの関係性が微妙に変化するいくつかのエピソード、昼間くんの手紙、錯綜するその渦の中で二人の心の変化と移ろいを軸に物語は複雑な展開をみせる。
最終章、米利の手紙にはこう書いてある。それはぐるぐると自然に起きる渦巻のようなものだった。「いじめ」という言葉でいいあらわせない出来事があちこちで渦巻いている学校。
それでも明るい光に照らされている学校。そして苦い汁でぬるぬるとしている学校。学校よ、と思う。そんなに偉いのか。そんなに強いのか。そんなに正しいのか。わたしは手でポケットの上をぽんぽんとたたいた。

41J43ixHw8L._SS400_ (2).jpg
『あたらしい子がきて』(岩瀬成子著、上路ナオ子絵、岩崎書店)
前作『なみだひっこんでろ』の続編のようでもあり、“みき”と“るい”姉妹のお話となっているけれど、ストーリーそのものはそれとはちがうまったく新しいものである。 ここでは、お母さんのお母さんとその姉、つまり“おばあちゃん”と“おおばあちゃん”という姉妹がいて、知的障害のある57歳の“よしえちゃん”とその弟の“あきちゃん”の姉弟が登場する。 このように“みき”と“るい”姉妹の周りにもそれぞれの兄弟が重層的に描かれている。
第52回野間児童文芸賞、JBBY賞、IBBYオナーリスト賞を受賞。

69663364.jpg
『くもりときどき晴レル』(岩瀬成子著、理論社)
ひとを好きになるとどうして普通の気持ちじゃなくなるのだろう。誰でもこのような不思議な感情に戸惑いを感じることがある。恋愛感情とも云えないやりきれない気持ちの動きと戸惑いをともなう心理状態のことだ。 本著は、「アスパラ」「恋じゃなくても」「こんちゃん」「マスキングテープ」「背中」「梅の道」という6つの物語で構成された短編集であるけれど、思春期を向かえる少し前になるそれぞれの子どもの現在としてそのやわらかい気持ちの揺れを瑞々しいタッチで描いたもの。

413lMQXsDeL._SS500_.jpg
『なみだひっこんでろ』(岩瀬成子著、上路ナオ子絵、岩崎書店)
今年度第59回課題図書に決定!

414gBTpL75L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg
『ピース・ヴィレッジ』(岩瀬成子著、偕成社)


大人になっていく少女たちをみずみずしく描く
「最後の場面のあまりのうつくしさに言葉をうしなった。私たちは覚えている、子どもからゆっくりと大人になっていく、あのちっともうつくしくない、でも忘れがたい、金色の時間のことを。」 角田光代
基地の町にすむ小学6年生の楓と中学1年生の紀理。自分をとりまく世界に一歩ずつふみだしていく少女たちをみずみずしく描いた児童文学。
偕成社から好評新刊発売中!

518ICmgpwKL._SS500_.jpg
 『だれにもいえない』(岩瀬成子著・網中いづる画、毎日新聞社)

小さな女の子のラヴストーリー。
点くんをきらいになれたらな、と急に思った。 きらいになったら、わたしは元どおりのわたしにもどれる気がする。 だれにも隠しごとをしなくてもすむし、 びくびくしたり、どきどきしたりしなくてもすむ。(本文より)
4年生の女の子はデリケートだ。 せつなくて、あったかい、岩瀬成子の世界。 おとなも、子どもたちにもおすすめの一冊。

100917_2226~01.jpg
『まつりちゃん』(岩瀬成子著、理論社)
この作品は連作短編集という形式で構成され、抑制の効いた淡々とした表現で描かれているところが新鮮である。各篇ごとにちがった状況が設定され登場人物(老人から子ども)たちはそれぞれ不安、孤独、ストレスといった現代的な悩みを抱えている。その中で全篇を通して登場する“まつりちゃん”という小さな女の子は、天使のように無垢なる存在として現れる。その女の子と関わることによって物語は不思議なこと癒しの地平へと開示され、文学的世界が立ち上がるかのようだ。 岩瀬成子の新しい文学的境地を感じさせる魅力的な一冊ともいえる。

IMG_0104.jpg
『オール・マイ・ラヴィング』(岩瀬成子著、集英社)
■ 1966年、ビートルズが日本にやって来た!14歳の少女が住む町にビートルズファンは一人だけだった。 ■ 「オール マイ ラヴィング」とビートルズは歌う。聴いていると、だんだんわたしは内側からわたしではなくなっていく。外側にくっついているいろいろなものを振り落として、わたしは半分わたしではなくなる。ビートルズに染まったわたしとなる。 ■ 岩瀬成子の新刊、1月31日集英社から好評発売中。“あの時代”を等身大の少女の目でみつめた感動の書き下ろし長編小説 『オール・マイ・ラヴィング』 ■ ビートルズ ファン必見の文学はこれだ!

51dCgDlcLQL._SS500_.jpg『そのぬくもりはきえない』(岩瀬成子著、偕成社)
■ 日本児童文学者協会賞受賞


朝はだんだん見えてくる 理論社.jpg
『朝はだんだん見えてくる』(岩瀬成子著、理論社) ■ 1977年、岩瀬成子のデビュー作。本書はそのリニューアル版で理論社の『名作の森』シリーズとして再発行されたもの。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM