腹部超音波検査

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 16:59

昨日の夕食から絶食して今日は《腹部超音波》の検査を予定通り10時からはじめた。

特に問題があったわけでもないが一度もやったことがなかったので看護婦にすすめられて予約していたのだった。

この検査でもけっこう分かるみたいで胆石や腎臓、肝脂肪、膀胱、前立腺、甲状腺、けい動脈硬化などなど、いろいろ調べたが取り立てて問題視するほどのことはないらしい。

 

ただ、左側の腎臓がないことがわかった。

「それらしいものがないが溶けたのかなぁ」などと呟きながら調べるので「溶けるってあるんですか?」と聞くと「ちょっと待ってよ、腎臓は動くからもう少し上かも、でもこれは隔膜だから隔膜から上になることはありえないし、だいたいこの辺りなんだがぁ・・・ないなぁ」という。「誰かに腎臓提供したことない?」というので「ないです。手術自体ないです」と応えると「あっ、そう。でも左はないなぁ」と先生。

「どういうことですか?」「たまにそういう人がいるし一つあれば問題ない」「右が少し大きい感じがあるのはそういうことなのかも」などといながら検査がすすんでいく。

 

「膀胱はどうかなぁ、小便が少ないなあ。でも問題はない」「前立腺はどうかな?これも問題なし」「はい、横向いて、お腹膨らませてそのまま。問題ないなぁ」

「上向いて、肺はどうか?水はなしか」「甲状腺はどうかな、異常なしと」「きれいなもんだ、けい動脈はどうかなぁ?多少、動脈硬化があるかも、待ってよーっ」「あぁ遅いなあ日立はダメだなぁ、ああ出てきた出てきた」「1ミリかぁ、まあいいでしょう」という。

「血流はどうかな?脳にはよく流れているな。脊椎にはどうかなぁ、これもよく流れているし綺麗なもんだ。」

「いいでしょう。問題ありません。2年に一度くらいやるといですが、今日は左の腎臓がないことが分かりました。」というので、「そうなんですか、どういうことですかね」などと聞くと。

「ある種の奇形です」と先生。「奇形、オレ奇形ですか?」というと、「人間みんな奇形です。顔がちがうようにそれぞれです。」ということになった。

今日の検査でそれが分かりました。まっ、問題ないでしょう。

 

これで、なんとなく安心するからヘンです。不思議です。

安奈のスイーツ

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 10:00

 

岩本安奈さんの《安奈のスイーツ》が完成。

30号くらいの作品なのでけっこう時間がかかりましたな。

まずまずの仕上がりで益々おもしろくなってきています。

二本収穫

  • 2019.07.15 Monday
  • 11:46

 

まだかまだかと思っていたらやっと二本のキュウリが収穫できました。

花は咲いていたのだがキュウリにならなかったのでおかしいと思っていたら、こんなのがいつの間にかできていました。

 

お話を絵にすると

  • 2019.07.13 Saturday
  • 22:25

陽菜(少5)・・・確かにタヌキだな、陽ダヌキだ!

なずな(年長)・・・ナズっちのはよく分からんけど畑の感じがいいね。

 

これは陽菜となずなの『かちかちやま』の絵、よく出来ています。

 

今日の子どものクラスはお話を聞いて、それを絵にする課題だ。何冊か絵本を持っていったので全員がそろうまでいろいろ読んであげることにした。

 

 

インタラクティブ絵本『ふってふってバニー』でかるく小手調べ。つまり、参加型のこの絵本あたりは珍しいかと思ってやってみると子どもたちの反応はなかなか良かった。

 

 

次は『くまくん』という絵本。ナンセンスな話だがこれもけっこううけましたなぁ。くま、りす、トラ、かば、やまあらし、と次々と出てきてだんだん面白くなってくる。

このあたりで全員そろったので、今日の課題『かちかちやま』を読むことになった。

 

 

この絵本、やはり田島さんの絵が最高なのだ。

たぬき汁ならぬババア汁、たぬきのかやに火をつける、やけどの背中に辛子みそをスリこむ悲惨な名場面が子どもたちにも大人気。

ヘタでも田島さんに負けないくらい迫力ある絵、パワーのある絵を描こうということになった。

 

 

今日は二人しか完成しなかったけれど、仕上げは来週ということにして最後はあべ弘士の『クマと少年』というアイヌのものがたりを読んでやっておしまいとなった。

 

ちなみに、あべ弘士の原画展がいま下関市立美術館ではじまっています(9月1日まで)。

夏休み中やっていますので是非行ってみてください。

絵画は楽しく

  • 2019.07.12 Friday
  • 18:30

 

受験コースの七美のデッサン。

まだ、1年なので充分余裕はあるが質感や空間を感じとるセンスが鍛えられていない。

だが、一番大切な絵を描くことの強い欲求は充分に感じられるのでまったく心配はない。

今まで絵画表現の意義や奥深い理解にふれていなかっただけということだろう。学校でも鑑賞教育の機会もなかったはずだから無理もない。

この夏休みは頑張ろう!絵画表現の意義やおもしろさ楽しさを学ぼう。

 

 

集中して描くスミさんの姿。この姿勢がもう固まっているので簡単には立ち上がれない。

 

 

完成した《玉ねぎとじゃがいも》の絵。

 

 

中澤さんの完成した風景画。やはり描きすぎたなぁ、この少し前の状態が良かったんだがなぁホント。

 

 

川部さんの作品も何とかできましたな。

 

 

背景の処理に無理をして行き詰まることがある。どうして背景だけ特別なことをしてしまうのか分からないのだが、本人も分からないというからこれは千鳥じゃないが《クセが強い》ということになるな。

 

冬の木立

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 20:40

 

石川幸子さんの大作『冬の木立』が完成しました。

次は何を描くかというと『孫』を描くというからおもわず「孫なんか描けるのか」ときいた。どうやら描けるらしい。

 

 

中村さんの『だるま』も完成。次は『お面』を描くという。

 

 

黙々と水彩画の習作をかさねる好村さんも頑張っています。いずれやってくれそうな予感がします。

 

 

グスタフ・クリムト

  • 2019.07.09 Tuesday
  • 17:07

 

 

今日はひる前に息子と別れて都美術館で開催中のウィーン分離派の巨匠『グスタフ・クリムト展』を観に行った。

都美術館はリニューアルされてかなり経過しているのだが、ぼくたちがやっていた頃とおなじように外観はそのままでも内部はエスカレーターなども付けて工夫されていて当時とは大きく変わっていた。

クリムト展も10日で最終とあって大勢の鑑賞者が詰めかけ20分待ちという状況となっていた。

代表作『ユディト』や日本初上陸となる『女の三世代』を含むクリムトのほぼ全貌を示す重要な展覧会で昨日観た新美術館の『ウィーン・モダン展』とおなじく日本とウィーンの関係も強烈に感じとれる興味深い内容だった。

 

 

その後は銀座に出てみることに。

そういえば、大学受験で絵を描きにきていた赤名(早稲田大学工学部建築)くんが手がけたソニービル前のポケットパークのようなスペースを思いだして寄ってみた。

 

 

 

これかぁ、一年がかりの仕事で新しい銀座のランドマークになればと云っていたがどういうコンセプトなのだろう?

その後、訪ねたGINZA6やユニクロビル辺りの様子をみると残念ながらやや苦戦しているかに見えるが頑張って欲しいものである。

 

 

 

 

銀座にいるとよく歩く。京橋近くの《ギャラリーなつか》まで歩くとけっこうな運動になるかも知れないが疲れる。

早めに羽田まで移動して持っていった本でも読むことにした。

 

 

 

国立新美のボルタンスキー展

  • 2019.07.08 Monday
  • 14:12

 

 

今日は新宿界隈をぶらり。

新宿はISETANの街だとばかり思っていたがけっこう大きな店が新しく乱立していて少々面食らった。

なつかしの新宿ルィードは見つからなかったけれど、歌舞伎町界隈は相変わらず雑然としているが活気が感じられた。

少々、早めの昼食を食べて六本木の新美術館へと移動。

『ボルタンスキー展』と『ウィーン・モダン展』を息子とみることにしていたのだ。

 

 

クリムト

 

 

ミュージアムショップは大盛況

 

 

 

ボルタンスキーの「ぼた山」

 

ボルタンスキー展はすでに大阪の国立国際美術館でみていたが場所を変えてどのように感じられるか、そういう鑑賞をしたことがなかったので楽しみにしていたのだ。

内容的には一部を除いてほぼ同じものだったが用意された資料の文字が小さくて暗い会場では読めないのと作品と一致しない紛らわしいナンバーが鑑賞者を難儀にさせた感もあった。

そういう点では大阪の方がはじめての鑑賞にもかかわらず楽しめたかも。『白いモニュメント、来世』は大阪にはなく、そのときは確か黒い構造物だったように思うのだがタイトルは何だったか?

全館を通じて聞こえてくる心臓の音が印象的だった。これは作品『最後の時』と連動していたのだろうか。

 

すべての作品を観終わると6時を過ぎていた。赤羽で食事することとして降り立つと駅前では小池晃が演説していた。

 

 

 

岩国とは大ちがい。大勢の人が足を止めて聞き入って拍手喝采で盛り上がっていた。

七夕のお別れ会

  • 2019.07.08 Monday
  • 01:18

 

岩下さんと皆藤さんのダンスパフォーマンス。

 

 

デュッセルドルフでジャンさんらと活動を共にするダンサーで振付師の皆藤さん。

 

 

舞踊家岩下徹さん。

 

 

岩国でもおなじみのソプラノ歌手でジャワガムランの屈指の歌い手松本泰子さん。

 

 

用意された献花台。

 

 

ドイツは早朝だがジャンさんとネットで繋いでお別れ会を盛り上げました。

 

昨日の七夕の日は5月に他界されたコントラバス奏者斎藤徹さんを偲んで各方面で徹さんと親交のあった多くのアーティストが集ってお別れ会が、徹さんのホームグラウンドと称する《いずるば》で行われました。

素晴らしいダンスや演奏、歌、スピーチがあふれるように繰り広げられました。

最後は会場全体が一体となって繋がり涙と拍手で大いに盛り上がりました。

 

img256.jpg

 

その後、下高井戸のシネマ館に移動して映画『ヨゼフ・ボイスは挑発する』をみてホテルへ到着。

東京はあいにくの雨だったが、かなり濃密でいい七夕となりました。

近況

  • 2019.07.07 Sunday
  • 08:56

 

 

野上さんの《タコつぼ》がやっと完成です。

けっこう時間がかかりドツボにはまりそうでしたが以前みせていただいた《とうがん》を描いた作品の熱を思いだして頑張りました!

これからこれからドンドン調子をあげていくでしょう。

 

 

こちらは受験クラスの岡本の油彩。ダイナミックな描写は力強く空間処理も的確ですがイメージを大事にして色彩にも徹底してこだわって欲しい。

白という色について自分の考えをはっきりするといい。チューブから出した白ではなくどういう色か、白は何なのかと主張して欲しいところだ。

描けば描くほど素材にも慣れてくるはず、二作目にしては上出来といっていい。 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

原田美術教室の活動


☛ 絵画のいろは展2019
2019年11月27日wed〜12月1日sun
10:00〜18:00
シンフォニア岩国企画展示室


この展覧会は、絵を描きはじめて間もない人から山口県美展・岩国市美展など他の美術コンクールや個展などで活躍している大人に加えて、これまでTRY展として活動してきた子どもたちを含む初心者から経験者までの作品を一堂に展示する原田美術教室の研究生およそ30人で構成するものです。
アトリエや教室での日ごろの研究成果を発表すると同時に、人と人、表現と表現のふれあうなかで単に技術の習得のみならず、絵を描くことで何を考え、何を発見することができるかということ。また、「文化的な営みと豊かさ」あるいは「活力と潤いのある生活」とは何か、という問いについて考える契機となることを願っています。「絵画のいろは」とはこのように制作上の技術の問題だけでなく、日常生活での活力や潤いのある生活のあり方を考える実践的問いかけに他ならないのです。
特に今回は子どもたちの作品を含めてそのことについて考える風通しのいい会場構成となっています。研究生として親睦を兼ねたコミュニケーションを大切にし、互いの作品を認める楽しさや表現の多様性について考え、アートのおもしろさを伝えることで地域の芸術文化活動のささやかな普及と発展に寄与したいと願うものです。

子どもの作品が大人気
IMG_0794.JPG




☛ グループ小品展2018
2018年10月3日(水)〜10月7日(日)
シンフォニア岩国企画展示室
この展覧会グループ小品展は、絵を描きはじめて間もない初心者から山口県美展・岩国市美展など他の美術コンクールや個展などで活躍している経験者までを含む原田美術教室の研究生で構成され、絵画のいろは展とともに隔年で開催するものです。 今回のグループ小品展では、日ごろの研究成果を発表すると同時に、人と人、表現と表現のふれあうなかで単に技術の習得のみならず、絵を描くことで何を考え、何を発見することができるかということ。そして、「文化的な営みと豊かさ」あるいは「活力と潤いのある生活」とは何か、という問いについて考えることを目的としています。 また、グループ研究生として互いの親睦を兼ねたコミュニケーションを大切にし、互いの作品を認める楽しさを発見すると同時に表現の多様性について考え、アートの楽しさを伝えることで地域の芸術文化活動の普及と発展に寄与し貢献したいと願うものです。




  

山口県美術展覧会2019


2019年2月14日(木)−3月3日(日)
9:00−17:00(入館は16:30まで) 
休館日:2月18日(月)、25日(月)
観覧料/一般:500(400)円 学生:400(300)円( )内は20人以上の団体料金
*18歳以下は無料 *70才以上の方、中東教育学校、高等学校、特別支援学校に在学する方等は無料 *障碍者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料
山口県立美術館
IMG_0840.jpg



cache_Messagep6565.jpg

原田文明展 ドローイングインスタレーション2018


2018年11月21日wed−25日sun 10:00−18:00
シンフォニア岩国企画展示ホール





ドローイングインスタレーションは、ここ十数年にわたって絵画表現の可能性について考えてきた一連の営為の中で、偶然とも必然ともいえる結果として発見されたものです。
私はこれまで「具体絵画」と称して、物質(素材)が表現目的の手段として扱われるのではなく、物質のあり方それ自体を色彩やフォルムと等しく絵画の重要な構成要素とする一連の作品を制作してきました。
ここでは行為と物質がもたらす一回性の出来事さえも絵画を成立させる重要な要素として捉え、作為的な感性によって空間へと展開されています。いうまでもなく、そのことによって生成される新しい意味と存在の可能性をリアルな知覚的世界として位置づけ、形而上学的な意味を問いかける主知的な営為と考えてきたのです。
さらに、その表現形式のあり方は平面的な二次元の世界から室内空間(場所)を構成する三次元的な世界へとその機能性を拡張し、ドローイングインスタレーションともいうべき様式へと変容させ意識化されてきたとも云えます。
私にとってもはや絵画は多元的な空間へと自在に移ろうイリュージョンの世界へと変容してきたと云うべきかもしれません。それは身体性を意識したメタフィジカルな実践として存在論的に見えかくれする場面への接近であり、換言すれば世界を包み込む現存(リアルな世界)への希求の現われというべきかも知れないのです。
本展はこれまでの多岐にわたる活動をふまえてたどりついた新作ドローイングインスタレーションの様式にさらに色彩的要素を取り入れることによって新境地への挑戦と可能性を探求する原田文明の現況とその一端を示すものです。

里の芸術一揆「里山 ART Project 吉賀」



本プロジェクトは隔年式のアートビエンナーレとして、将来の「地域」「文化」「くらし」を考える文化的なムーブメント(運動)をつくることを目的とするものです。また、地域の農耕文化や伝統に学び、芸術文化の振興発展と普及のみならず、「生活と芸術」「過去と現在」「人と地域」の交流を軸とする文化による地域づくりについて考えるものです。 このことは、吉賀町がこれまで取り組んできた自然との共存共生を願うエコビレッジ構想と合わせて、人間の営みとしての文化と里山の自然について考えることであり、里山に潜在する魅力とその可能性を再確認し文化意識の変革と活性化を推進するものです。 今回は、現代アートの最前線で活躍する8名のアーティストによる最新作を現地で制作し、地域住民とともにワークショップや生活文化など多方面での活発な交流が実現されるものと考えています。 2010年10月開催予定。

岩瀬成子話題の本棚


地図を広げて.jpg
『地図を広げて』(岩瀬成子著 理論社)
父親と2人暮らしの鈴のもとに、母親が倒れたという知らせがとどく。母はそのまま亡くなってしまい、母親のもとにいた弟の圭が、鈴たちといっしょに暮らすことになった。 たがいに離れていた時間のこと、それぞれがもつ母親との思い出。さまざまな思いをかかえて揺れ動く子どもたちの感情をこまやかにとらえ、たがいを思いやりながら、手探りでつくる新しい家族の日々をていねいに描いた感動作。

『ともだちのときちゃん』(岩瀬成子作 植田真絵 フレーベル館)
フレーベル館【おはなしのまどシリーズ】として出版された岩瀬成子の新刊『ともだちのときちゃん』は、イメージの広がりとこの年頃の子どもが経験する瑞々しい出会いにあふれています。(略)著者はそういう細部をみつめる子どもの感情をとてもよく描いていて、このお話しの最後のところでたくさんのコスモスの花にかこまれて青い空と雲をみつながら「ぜんぶ、ぜんぶ、きれいだねえ」とふたりの気持ちをつたえています。

517ydey48iL._SX361_BO1,204,203,200_.jpg
『ちょっとおんぶ』(岩瀬成子作 北見葉胡絵 講談社)
6才のこども特有のイノセントな感覚世界。この年ごろの人間だけが経験できる世界認識のあり方が本当にあるのかもしれない。あっていいとも思うし、ぼくはそれを信じていいようにも思います。名作「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ)が普遍的に愛読されるのもこの点で納得できる気がするのです。
この本の帯にあるように、絵本を卒業する必要はないけれど絵本を卒業したお子さんのひとり読みや、読みきかせにぴったり!といえるかもしれません。どうぞ、手にとって読んでみてくださいね。

DSC02741 (480x640).jpg
『マルの背中』(岩瀬成子著 講談社)
父と弟の理央が暮らす家を出て母と二人で生活する亜澄は、駄菓子屋のおじさんから近所で評判の“幸運の猫”を預かることに。野間児童文芸賞、小学館文学賞、産経児童出版文化大賞受賞作家による感動作!

51R+Apq-0JL._SX370_BO1,204,203,200_.jpg
『ぼくが弟にしたこと』(岩瀬成子著 長谷川修平絵 理論社)
成長の予兆を感じさせるように父と再会した麻里生には、次第に人混みにまぎれていく父の姿は特別な人には見えなかった。著者は帯にこう書き記している。どの家庭にも事情というものがあって、その中で子どもは生きるしかありません。それが辛くて誰にも言えない事だとしても、言葉にすることで、なんとかそれを超えるきっかけになるのでは、と思います。

141031_1706~01.jpg 
『きみは知らないほうがいい』(岩瀬成子著・長谷川集平絵、文研出版)
2015年度産経児童出版文化大賞受賞。
クニさんの失踪、クラスメートの関係性が微妙に変化するいくつかのエピソード、昼間くんの手紙、錯綜するその渦の中で二人の心の変化と移ろいを軸に物語は複雑な展開をみせる。
最終章、米利の手紙にはこう書いてある。それはぐるぐると自然に起きる渦巻のようなものだった。「いじめ」という言葉でいいあらわせない出来事があちこちで渦巻いている学校。
それでも明るい光に照らされている学校。そして苦い汁でぬるぬるとしている学校。学校よ、と思う。そんなに偉いのか。そんなに強いのか。そんなに正しいのか。わたしは手でポケットの上をぽんぽんとたたいた。

41J43ixHw8L._SS400_ (2).jpg
『あたらしい子がきて』(岩瀬成子著、上路ナオ子絵、岩崎書店)
前作『なみだひっこんでろ』の続編のようでもあり、“みき”と“るい”姉妹のお話となっているけれど、ストーリーそのものはそれとはちがうまったく新しいものである。 ここでは、お母さんのお母さんとその姉、つまり“おばあちゃん”と“おおばあちゃん”という姉妹がいて、知的障害のある57歳の“よしえちゃん”とその弟の“あきちゃん”の姉弟が登場する。 このように“みき”と“るい”姉妹の周りにもそれぞれの兄弟が重層的に描かれている。
第52回野間児童文芸賞、JBBY賞、IBBYオナーリスト賞を受賞。

69663364.jpg
『くもりときどき晴レル』(岩瀬成子著、理論社)
ひとを好きになるとどうして普通の気持ちじゃなくなるのだろう。誰でもこのような不思議な感情に戸惑いを感じることがある。恋愛感情とも云えないやりきれない気持ちの動きと戸惑いをともなう心理状態のことだ。 本著は、「アスパラ」「恋じゃなくても」「こんちゃん」「マスキングテープ」「背中」「梅の道」という6つの物語で構成された短編集であるけれど、思春期を向かえる少し前になるそれぞれの子どもの現在としてそのやわらかい気持ちの揺れを瑞々しいタッチで描いたもの。

413lMQXsDeL._SS500_.jpg
『なみだひっこんでろ』(岩瀬成子著、上路ナオ子絵、岩崎書店)
今年度第59回課題図書に決定!

414gBTpL75L._SX334_BO1,204,203,200_.jpg
『ピース・ヴィレッジ』(岩瀬成子著、偕成社)


大人になっていく少女たちをみずみずしく描く
「最後の場面のあまりのうつくしさに言葉をうしなった。私たちは覚えている、子どもからゆっくりと大人になっていく、あのちっともうつくしくない、でも忘れがたい、金色の時間のことを。」 角田光代
基地の町にすむ小学6年生の楓と中学1年生の紀理。自分をとりまく世界に一歩ずつふみだしていく少女たちをみずみずしく描いた児童文学。
偕成社から好評新刊発売中!

518ICmgpwKL._SS500_.jpg
 『だれにもいえない』(岩瀬成子著・網中いづる画、毎日新聞社)

小さな女の子のラヴストーリー。
点くんをきらいになれたらな、と急に思った。 きらいになったら、わたしは元どおりのわたしにもどれる気がする。 だれにも隠しごとをしなくてもすむし、 びくびくしたり、どきどきしたりしなくてもすむ。(本文より)
4年生の女の子はデリケートだ。 せつなくて、あったかい、岩瀬成子の世界。 おとなも、子どもたちにもおすすめの一冊。

100917_2226~01.jpg
『まつりちゃん』(岩瀬成子著、理論社)
この作品は連作短編集という形式で構成され、抑制の効いた淡々とした表現で描かれているところが新鮮である。各篇ごとにちがった状況が設定され登場人物(老人から子ども)たちはそれぞれ不安、孤独、ストレスといった現代的な悩みを抱えている。その中で全篇を通して登場する“まつりちゃん”という小さな女の子は、天使のように無垢なる存在として現れる。その女の子と関わることによって物語は不思議なこと癒しの地平へと開示され、文学的世界が立ち上がるかのようだ。 岩瀬成子の新しい文学的境地を感じさせる魅力的な一冊ともいえる。

IMG_0104.jpg
『オール・マイ・ラヴィング』(岩瀬成子著、集英社)
■ 1966年、ビートルズが日本にやって来た!14歳の少女が住む町にビートルズファンは一人だけだった。 ■ 「オール マイ ラヴィング」とビートルズは歌う。聴いていると、だんだんわたしは内側からわたしではなくなっていく。外側にくっついているいろいろなものを振り落として、わたしは半分わたしではなくなる。ビートルズに染まったわたしとなる。 ■ 岩瀬成子の新刊、1月31日集英社から好評発売中。“あの時代”を等身大の少女の目でみつめた感動の書き下ろし長編小説 『オール・マイ・ラヴィング』 ■ ビートルズ ファン必見の文学はこれだ!

51dCgDlcLQL._SS500_.jpg『そのぬくもりはきえない』(岩瀬成子著、偕成社)
■ 日本児童文学者協会賞受賞


朝はだんだん見えてくる 理論社.jpg
『朝はだんだん見えてくる』(岩瀬成子著、理論社) ■ 1977年、岩瀬成子のデビュー作。本書はそのリニューアル版で理論社の『名作の森』シリーズとして再発行されたもの。

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM